テレビ番組のレシピ集

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理番組レシピ集ブログ

テレビ番組の料理コーナー(NHKあさイチ『解決!ゴハン』、ヒルナンデス『レシピの女王』など)で作っていた料理の作り方を食材&レシピ別にまとめていくブログです。

効果も!『甘酒(米麹)の作り方』&『イチゴ甘酒シャーベット』レシピなど~NHK『あさイチ』発酵料理研究家・舘野真知子さん

国菊 あまざけ(甘酒) 900ml[国菊 甘酒 米麹 麹 ノンアルコール あま酒 あまざけ]【19_k】【rank】


女優の檀れいサンやモデルの平子理沙サン、君島十和子サンなど、美肌自慢の女性たちが愛飲するのが『甘酒』 

2年前から飲み始めたという人気モデルの道端アンジェリカさんは、
「寝る前に飲むと朝起きたときのお肌の調子が違う。お通じもよくなる」
といいます。 

甘酒は、「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われ、美肌効果や整腸作用、免免力
UPなどさまざまな健康効果が期待出来るスーパードリンク。
特に米麹と米だけで作る昔ながらの甘酒は、ノンアルコールということもあり近年大きく売上げを伸ばしています。 

女子大生に1か月間毎日飲んでもらうと、肌の状態が激変!
きめが整ってしっとりし、吹き出物も減りました。
陸上長距離選手の場合も、毎日甘酒を飲んだ選手は飲まない選手に比べて30%
も疲労が軽減されたという報告も。

甘酒には、アミノ酸やビタミンB群、オリゴ糖をはじめ、最強のアンチエージング物質といわれる「エルゴチオネイン」が含まれていることも、最新の研究で明らかになっています。 

これらは麹菌が作り出す酵素のおかげ。
甘酒を料理に使うと、酵素の働きでデンプンやたんぱく質が分解され、焼鮭やハンバーグ、鶏のから揚げなどいつものおかずも大変身!
うまみや甘みがUPし、驚くほどふっくらジューシーに仕上がります。

魔法びんひとつで出来る、家庭での簡単手作り方法を12/5日(月)NHKあさイチで発酵料理研究家の舘野真知子さんが紹介していたので甘酒デザートのレシピと一緒にブログにまとめていきます~


スポンサーリンク



自宅で簡単!甘酒の作り方

f:id:mobapurosukauto:20161205103335j:plain

材料

もち米…1/2合(※普通の米でも可)
水…100ml
米麹(乾燥)…70g


作り方


炊飯器のおかゆモードで1/2合のお米を炊く



f:id:mobapurosukauto:20161205103315j:plain
炊き上がったら水と米麹を加え、よく混ぜる



保温ポットにお湯を入れて、暫くしたら入れたお湯を全て捨て保温ポットをあたためる



f:id:mobapurosukauto:20161205103234j:plain
③の中に②を一杯まで入れて蓋をする
※蓋を少しゆるめておき、発酵中のガスの抜け道を作っておく



暖かい部屋で8時間置いて発酵させたら完成。
※夏場は常温でそのまま8時間放置で大丈夫だが、
冬場は温度が下がるので、4時間経ったら一度鍋にあけて弱火で1分かき混ぜながら加熱する(55度~60度がベスト)

保存期間

冷蔵で1週間

冷凍だと1~2ヶ月

f:id:mobapurosukauto:20161205103216j:plain
ジップロックなどの保存袋に平べったく伸ばし入れ空気をしっかり抜く


甘酒デザート『イチゴ甘酒シャーベット』の作り方

f:id:mobapurosukauto:20161205103202j:plain

材料

甘酒250ml
イチゴ100g

作り方


ジップロック などの保存袋に甘酒を入れる


①にカットしたイチゴを入れ果肉が残る程度潰す


平べったく伸ばし空気をしっかり抜いて冷凍庫に入れて凍らせたら完成


補足情報

甘酒を一日に飲む量・効果のある温度

◎1日150g
◎55度

ということで自分は
スーパーかドラッグストアーで売ってる(メーカー)イチビキの甘酒の素(330g 150円~180円)を買い貯めて毎日、
電子レンジで温めたと牛乳にきな粉か豆乳と甘酒の素をスプーン3~4杯溶かして飲んでます

スポンサーリンク