テレビ番組のレシピ集

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理番組レシピ集ブログ

テレビ番組の料理コーナー(NHKあさイチ『解決!ゴハン』、ヒルナンデス『レシピの女王』など)で作っていた料理の作り方を食材&レシピ別にまとめていくブログです。

『牡蠣のねぎ焼き』レシピ~メ~テレ『昼まで待てない!』中辻健太先生

メ~テレ『昼まで待てない!』 牡蠣(かき) おつまみ

2月4日(土曜日)メ~テレ昼まで待てない!で
中辻健太先生が
旬の食材「カキ」を使ったオリジナルの“カリふわ”な『牡蠣のねぎ焼き』を作っていました♪

カキのうま味を倍増させるテクニックを紹介していたのでレシピをブログにまとめていきます


スポンサーリンク


牡蠣のねぎ焼き

f:id:newpulserevolution9:20170204122928j:plain

【必要なもの・器具等】
・キッチンペーパー
・ボウル
・泡立て器
・包丁
・まな板
・フライパン(蓋つき)

材料(1枚分)

・生カキ(加熱用)…6個 ※多めの塩でよくもみ洗い、水気をきる 
オイスターソース…小さじ1
・万能ネギ又はわけぎ…1束
・卵…1個
・ごま油…適量

【生地】
・水…大さじ4
・小麦粉…50g
・しょうゆ…小さじ2
・砂糖…小さじ1/2
・サラダ油…大さじ1

【さっぱりお酢ダレ】
・しょうゆ…大さじ2
・お酢…大さじ2
・唐辛子…2本 ※種を取り、みじん切り
・白ごま…小さじ1

作り方

1.
ボウルに、水・小麦粉・しょうゆ・砂糖・サラダ油を入れ混ぜる。
※サラダ油を入れることで、生地が”カリッとした仕上がり”になる。

2.
万能ネギを4~5cmの長さに切り、(1)のボウルの生地の中に入れて混ぜ合わせる。
※混ぜてから焼く方が、ネギが焦げつきにくく、少ない生地ですむ。

3.
加熱用のカキを多めの塩でよくもんでから水で洗い、クッキングペーパー等で水気を取る。

4.
(3)のカキを半分に切り、オイスターソースをサッと絡める。
※「オイスターソース」は、もともとカキから作られているので、絡めることで、より濃厚な味わいに!(Wカキでうま味UP!)

5.
f:id:newpulserevolution9:20170204122858j:plain
ごま油を入れた熱したフライパンに、(2)のネギ生地の半量を入れ、その上に(4)のカキを並べる。
そして「残りのネギ生地」を上からのせる。
最後に溶き卵を上から全体にかけ、蓋をして7~8分ほど弱火で焼く。
※上から生地全体を卵で覆うことで、ネギ生地側がカリッと、卵生地側がふんわりの2層仕立てになる。

6.
(5)のフライパンの周りからごま油を入れ、ヘラで押さえながら生地の下側を中火でカリッと焼く。
生地を裏返して反対側も焼く。

7.
醤油・お酢・唐辛子・白ごまを混ぜ、タレを作ったら『牡蠣のねぎ焼き』の完成!
※お酢を加えることで、さっぱりとしたタレになる。

スポンサーリンク