テレビ番組のレシピ集

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理番組レシピ集ブログ

テレビ番組の料理コーナー(NHKあさイチ『解決!ゴハン』、ヒルナンデス『レシピの女王』など)で作っていた料理の作り方を食材&レシピ別にまとめていくブログです。

『あさイチ』パンをオーブントースターで作る方法~梶晶子さん(パン作り研究家)の作り方

ポリ袋でラクラク!オーブントースターで焼く天然酵母パン [ 梶晶子 ]

f:id:newpulserevolution9:20170411170327j:plain


2017年4月11日(火曜日)NHKで今日放送していた「あさイチ」でオーブントースター特集をやっていました♪

そこでオーブントースターに超詳しい達人たちが、時短・簡単・絶品料理の数々を紹介していて
理研究家のみきママさんは、カリカリ・フライドチキン、ホクホク・ポテト、しっとりピラフなど5品のお弁当のおかずをまとめて作る時短技を。
レストランガイドの星をもつフレンチシェフ宮崎慎太郎さんは、今回あさイチのために開発した、簡単!絶品ローストビーフの作り方を。
さらに、20年以上もバタートーストにとりつかれている研究家が、ほんのひと手間で味も食感も激変しちゃうバタートーストを。
さらにさらに、「簡単パン作り」を追求してきた達人梶晶子さん(パン作り研究家)が開発した、こねない、手が汚れない、手作りパンの作り方を紹介していましたので順にブログにまとめていきます~


スポンサーリンク


簡単だけど本格的!手作りパンの作り方

f:id:newpulserevolution9:20170411170327j:plain

梶さん考案のオーブントースターで焼くパン作りは、とても簡単!
生地はポリ袋に粉を入れて混ぜてそのまま発酵させるだけ、焼くのはオーブントースターという、これまでのパン作りの常識を覆す新しいパン作りです。
それでいて、外はパリパリ、中はふわふわもっちりの本格的なパンに仕上がります。

材料・6個分

強力粉200グラム
砂糖大さじ1/2
塩小さじ1/2
水(常温)120ml
インスタントドライイースト小さじ1/4
白ごま油(オリーブ油・サラダ油・溶かしバターなども可)大さじ1

作り方

① ポリ袋に強力粉と砂糖と塩を入れ、空気を含ませて口を閉じ、ポリ袋を振って、よく混ぜ合わせる。

② 常温の水120mlにインスタントドライイーストを振り入れ、1〜2分間放置し、イーストが溶けてきたらスプーンなどで混ぜる。

③ (1)に、(2)を入れ、油も同時に入れたらポリ袋に空気をたっぷり含ませて口を閉じ、勢いよく2~3分間振る
ひとかたまりになったら生地の出来上がり。

④ ポリ袋の空気を抜いて、袋の上を縛り2.5倍程度のかさになるまで置いて発酵させる。(※透明の容器に入れて印をつけておくと、発酵の目安になる)

⑤ 生地を潰さないように、ポリ袋をはさみで切り開く

⑥ 指やスケッパー(生地をカットするもの)に油をつけ、生地から空気が抜けないように、なるべく生地に触れないよう丁寧に6分割する。

⑦ 油を薄く塗ったアルミホイルの上に生地をのせ、生地に霧吹きで水をかける。
パン生地の上にも油を薄く塗ったアルミホイルをのせ、そのアルミホイルの上からも霧吹きで水をかけたらオーブントースターに入れ、15分間加熱する。

⑧ 生地の底にうっすら焼き色がついたら、上にのせたアルミホイルを取る。全体的にこんがり焼き色がついたら完成♪

【注意点・ポイントなど】
※発酵にかかる時間は、温度によって異なります。(室温15度で約7〜8時間、室温20度で約5〜6時間、室温25度で約3〜4時間、冷蔵庫の野菜室で約10~12時間が目安です。)
※スケッパーがない場合は、プラスチックのまな板を小さく切ったもの、包丁の背などで代用できます。
※オーブントースターのワット数によって、加熱時間は変わるので、生地の底の色、表面の色を目安に調整してください。
※⑥で分割した後に、生地を丸めて成形して2次発酵させると形のきれいなパンになります。その場合は、アルミホイルにのせ、大きい透明容器を逆さまにして被せて、密封した状態で1時間ほど、もしくは冷蔵庫で6時間ほど置く。
※材料にくるみ(30グラム)やごま(10グラム)を加え、粉と一緒にポリ袋に入れて仕込むと、くるみパンやごまパンが焼けます。

※梶田香織さんの「新食感バタートースト」の作り方はこちら

あさイチ 新食感バタートースト 梶田香織さん(バタートースト評論家)の作り方 - 料理番組レシピ集ブログ

スポンサーリンク